テンテコmyブログ

3人の子育てで、てんてこ舞いな毎日。そんな日常のアレコレを綴っています。

毎日チーが鉛筆削ってるか気になってしかたないんです

うちには3人子供がいる。
チーは1番上の子。



ということは、チーの子育てに関する全ては、親の私達にとっても、もちろん初めての連発なのだ。



まさに手探り状態。
悩みながら迷いながら、それでも
その時その時で真剣に向き合ってきたつもり。



良くも悪くも、1人目の子育てって、
とことん、とことん、全力なのだ。



振り返れば、チーが2歳の時。
当時、イヤイヤ期にふりまわされていた私。



ある日チーは、自分で靴下が脱げるくせに、
自分では絶対やりたくない!
どうしてもママが脱がせて!という思いから、
イヤイヤを発動させた。



今思えば、なんてことはない。
脱がせてあげればいいんだ。
まだ2歳だもん。
甘えさせてあげれば良かったのに。



私はどうしても、チーの言うことを受け止めてあげられなかった。



今ここで言いなりになったら、
これから先もずっと、そうなるような気がして。



それは絶対チーの為にならないし、
今ここで親の威厳を見せなくては!!



と、なんだかよくわからぬメラメラスイッチが
入って、



靴下を脱ぐ脱がないで、涙の死闘を40分繰り広げたのは苦い思い出。



まだ2歳の幼い子と、当時31歳のオバハンの
本気の意地の張り合い。
見てらんないぜ。
地獄絵図。



あー、あんなにムキになることはなかったな。



今ならそう思えるんだけど、当時はそれが
私の中の〈正しい〉だと思い込んでいた。



今現在、
下の子、ヤー坊とエー坊に対しては、
ある程度の余裕と経験があるから、



イヤイヤされても、受け流したりできるんだけど、



チーの時は、親の私もがむしゃらだったから。



それはやっぱり今も変わってなくて、
チーへの対応には、今でも悩み、迷うんだ。



チーを生み育てるまで、私は知らなかったよ。
自分がこんなに、涙もろいこと。
自分がこんなに、過保護なこと。
自分がこんなに、イヤな言い方ができてしまう人間だということ。
そして我が子がこんなに、可愛いということも。



子供が3人いたって、ベテランママになんて
なれない。



それぞれ性格が違うんだし、
同じように育つわけがないんだから。



そして、特に1番上のチーに関しては、
たぶんこれから先もずっと、こんな感じなんだろうな。



悩んで迷って、ぶつかり合いながら、
子供と一緒に、私も親として成長していけたら
いいなぁ。



そして唐突だが。
そんな私が、最近毎日無性に気になることがある。



それは、小学2年生のチーが、ちゃんと毎日鉛筆削ってんのかい?ってこと!



え、急になんじゃそらと思われると思うが、
私もまだどこかで小学生のママになりきれていないんだろうな、



チーが学校の準備をちゃんとしているのか、
毎日心配&緊張しちゃうのだ!



時間割のチェックって、親はいつまでやるのが普通?
ついでに鉛筆削ってるか気になって見ちゃう私って、過保護??

f:id:tenteko-my:20210514224144j:plain

そんでまぁーーー!
言っても言っても!
見事にあの子鉛筆削ってない!!!!



なんで?
ねぇ、なんでなのよ!?



キチンととんがってない鉛筆って、
私はいやなんだけど、チーは平気なの?
気にならないの?



母ちゃんアンビリーバボーやで。



ほんでさ。
今日、国語・算数・書写・道徳あったのに、
なんで先っぽ丸まってる鉛筆1本だけなの?



あのさ、5本あるんだからさ、均等に使いよ!



母ちゃんアンビリーバボーやで。



あとさ。
鉛筆の長さ、違いすぎない?
同じタイミングで5本全部新しい鉛筆にしたのに、



なんで2本だけ極端に短いのよ?



バランス見て、「んー、じゃあ長めのこっち使っとくか」ってならないもんかね?
長さ、平等にいきたくならないもんかね?



はいはいはいはい。



わーかってる!わかってるってば!



うるさいよね!?
母ちゃん、うっせーうっせーうっせーわ ♪ よね?



おもいっきり、それ自覚してんだけどもさ!



でも気になって仕方ないのよ!



毎日毎日チーの鉛筆事情が、気になるのよ!



こっそりチェックして、ヤキモキしてる
自分がイヤよ!
本当はやめたいよ!



あー、まさか自分がこういう親になるとは。
もっと“自己責任”をゴリ推しする、
肝っ玉母ちゃんになる予定だったよ。



いざ親になってみないと、案外わからないもんだな~。



私、この鉛筆チェック、ヤー坊エー坊のときは
もうしないのかな?



チーが最初の子だから、これも熱心になりすぎてるだけなのかな?



やめたいわ~
こそこそ鉛筆チェックなんて女々しいわ~
ちっさいわ~



と思いながらも、
やめられないとまらないの!



ああ、気になる気になる、
鉛筆ちゃんと削ってるかがさ。



なんなん、私。
鉛筆ばっか気にする私、なんなんよ。



長々と本当すみません!



さ、今日もチーの筆箱見てから、寝ようっと。

家族との何気ないやりとりに、明るい未来を感じました

新しいメニューでも開拓しようと思って、
料理本をパラパラ見ていたら思い出した。



なすの煮浸し。

f:id:tenteko-my:20210513222444j:plain

そうそう、なすの煮浸しね!
そう言えば、まだ夫と結婚する前に
作ったことあったなぁ。



私は結婚するまで実家暮らしで、
お恥ずかしいことにあんまり料理経験が
なかったけど、



当時、私なりに頑張って作ったんだ。



でも、出来上がりはひどいものだった。



まず、無駄に汁が多い。
ジャボジャボ。



そしてその汁が、やたら黒い。
味はべつに濃くないのに、なんか黒い。



お箸でナスを探しましょう状態。



夫(当時は彼氏)に出したら、一言。



「おーすごい!えーと、、、、どぶ??」
だってさ。



、、、どぶって!
彼女が作った料理に、どぶって!!



私は、そのワードセンス最高じゃん!と思って、笑ったっけなぁ。



あの人が言うと、なぜか全然腹が立たなくて、
笑っちゃうんだ。



そういうところ、今も変わらなくて。



決してお喋りではない夫だけど、
ボソッと言う一言に、きらりとセンスを
感じることがある。



私の笑いのツボに合っている。



なんなら、たまに悔しさすら覚える。



ああ!なんで先にその言葉思い付かなかったんだろう!って。



そんな夫と夫婦になって、子どもが生まれて、
なかなか想像以上に明るい家庭を築けていることが、嬉しい。



先日、私が夫に、
「今日は生ゴミの日だから、出しておいてね~!」と頼むと、



夫は私を抱えるフリをして、
「よし、これも出すか」と言った。



私が「そこに、愛は、あるんかい?」と返すと、



後ろの方から、大きな声が、、、



「信じられる愛は、あるんかい!?」



、、、チーだ!!!!




いやー、言ってほしいセリフわかってるよね!!
そしてその、最高の間の取り方よ!!



イイネ!
とてもいいよ、チー。



その時私は、あー、なんかいいわ~と
心底思った。



きっとこれから先も、楽しく暮らして
いけそうだわ。



今はまだまだ言葉が未熟な2歳のヤー坊も、
赤ちゃんのエー坊も、



お喋りが上手になったら、どんなことを
言うんだろう?



それが楽しみでしかたない。



早く5人で話したいなぁ。



これから先も、アハハと笑って、
我が家らしく、暮らしていきたいね!



ずっとずっと、よろしくね。

ママ友のストレス発散方法が、心に刺さって仕方ない

先日、ひょんなことからマダムのランチ会に
参加したエピソードを書いたのだが、
tenteko-my.hatenablog.com
tenteko-my.hatenablog.com



やはり“類は友を呼ぶ”ようだ。




今私が親しくさせてもらっている
ママ友たちは、マダムではなく、ヤンキーでもなく、



、、、、、カジュアル!!!



ここに落ち着いた。



カジュアルママ達と集まっては、
色んな話をする。



子育ての話を中心に、話題は多岐にわたるが、
同じくらいの子を育てているだけあって、
悩みも喜びも共感の嵐!



笑って、励まし合って、一緒に悩んで、
時には涙もありで、その時間が、私のパワーに
なっていることは、間違いない。



以前、夫へのプチ復讐として、
「夫のミニトマトだけ洗わない」という、
我ながら、こっすいなぁー!!!と思う
告白をしたが、
tenteko-my.hatenablog.com



ママ友の中に、
「旦那の靴下だけ洗わず、こっそりタンスに戻す」という強者がいた!!!笑



なかなか、やるな!!!
上には上がいるものだ。



先日は、ストレスの発散て、どうしてる?
という話題になった。



けっこうあるあるだったのが、
コンビニの300円くらいのスイーツを買って、
こっそり食べるやつ。



このささやかな贅沢で、ストレスを少し発散して、笑顔になれるなら、どんどん買っていいと思う!



ちなみに、私もよく買う!



あとは、ホットケーキを焼いて、
メープルシロップたっぷりと、
生クリームてんこ盛りにして、平らげるんだ!



夫に内緒で大金を使うわけでもなく、



ましてや、昼顔の如く、不倫に走るでもなく、



生クリームてんこ盛りなんて、可愛いものじゃんね~と、盛り上がっていた。



女のストレスは、スイーツ暴食の
引き金になるのだろうか、、、。



でぶまっしぐら。
おー、怖。



そんな中、あるママ友のストレス発散方法が
心に刺さった。



「バッチバチに本気メイクする」というもの。

f:id:tenteko-my:20210512220412j:plain

そのママ友は、色々行き詰まって、
ストレスがたまったら、



アイラインも、マスカラも、増し増しで、
完っ璧にメイクをするらしい。



鏡を見ながら、
「あー、若い頃はこんなお化粧してたな」って
思いながら。



そしたら、あの頃の気持ちがよみがえるような
気がして。



少し、社会と繋がっていられているような
気がして。



元気が出るの、と。



でも、どこに出掛けるでも、
誰に会うでもなく、



お化粧すぐ落とすんだけどねって、
そのママ友が笑いながら言った。



、、、なんか、うまく表現できないんだけど、、



、、、泣けるってばよーーーーーー!!!!



え?どこが?って思う人も多いかもしれないけど、



私には、かなり刺さったんだ。



色んなムシャクシャを抑えながら、
鏡にむかって、本気メイクする姿とか、



それで昔を懐かしんだり、なんか社会と繋がってる気がすることとかを、



少し切なそうに、笑いながら話す彼女の表情とか、見てたらさ、、、



たまらなくなった。



そこにいるカジュアルママ達5人くらい、
みんな目に涙ためてさ。



いやぁぁぁ、なんかわかるよ!
いやぁぁぁ、なんかめちゃめちゃ切ないね!
いやぁぁぁ、うちら頑張ってるよね!
いやぁぁぁ、私はナチュラルメイク派だった!



とか、泣いたり笑ったりしながら、話した。



そうやって、私たちはまたパワーを充電して、



とても幸せで、とても過酷な、“子育て”に、
真っ正面から向き合っていくんだ。



よし!
明日は私も、ちょっと濃いめにメイクして、
気合い入れてみようっかな!

幼稚園の先生をしていた時の、切なくも面白い話

専業主婦になる前、私は幼稚園教諭をしていた。今でも思う、大変だけど、最高の仕事だったと。



まぁー園児達の、可愛いこと面白いこと!
毎日必ず爆笑することが起こるのだ。



今日はその中の忘れられないエピソードを
ひとつ。



年中組の担任をしていた頃、
クラスにソラくん(仮名)という男の子がいた。



ソラくんは素直で頑張り屋さんな、可愛らしい男の子。私は、彼の真っ直ぐなところが
大好きだった。



ある日いつものようにソラくんに「おはよう!」と声をかけたけど、
元気がないのは一目瞭然だった。



いつもなら、ニコニコ笑顔で抱きついてきて
くれるのに。どうしたのかな?



気になった私は、聞いてみた。
「どうしたの?なにかあった?」



するとソラくんの表情はみるみる曇り、
目に涙をためてこう言ったのだ。



「ママが怪我したの」



え!!私は驚いた。
あの、いつも元気いっぱいで笑ってる
ソラくんのママが!?



よくよく話を聞いてみる。




「いつ?」「きのう」



「どんな怪我?」「いっぱい血が出てた」



、、、かなりの大怪我なのか。
血がいっぱいって、心配すぎる。



「病院は?」「いってない」



、、、そっか、うーん、病院に行く程では
ないのかな。



「どこで怪我したの?」「お風呂」



「転んだの?」「ううん。転んでないのに、
血がいっぱいだった」



、、、、ん?



「えーと、ソラくん。ママ、どこ怪我
してた?」



「おまた!」



、、、、、



、、、、、、、



ドッッッッヒェーーーーーー!!!!!!

f:id:tenteko-my:20210511212412j:plain

ちょ、まっ、ソラくんよ、それはよ、、、、



「ママ大丈夫って言ってたけど、、」



、、、ほぉぉん、だよね、大丈夫だろうよ、



だってさ、それはさ、つまりさ、



あれだよね?女性特有の、、
、、、あれよね、、、、、、??



ママのことを心底心配しているのが、
ソラくんの顔を見ていたらわかる。



「うんうん、心配だよね。わかるよ。
ママのこと、大好きだもんね!
でもね、それ、きっと大丈夫!
ママも大丈夫って言ってたでしょ?
先生もそう思うよ!
ソラくんは、優しいね。」



私に大丈夫と太鼓判を押されて、
ソラくんは安心してくれたようだ。



いつもの笑顔に戻り、遊びの輪の中に入っていく。



その後ろ姿を見ながら、私は心の中で叫んだ。



「ソラくんのおかーーーさーーーん!!
こんなところで、ばらされちゃってますよーーー!!!!
毎日お疲れさまでーーーーーす!!!」



いやぁ、可愛いらしいし、面白いし、
ほっこりくるし。



そしてお母さんの事を思うと、
なんとも言えない気持ちにもなるし!!



子どもは、まっすぐだ。
なんでも言っちゃうのだ。



ソラくんがお母さんを心配していた時の、
あの目。
お母さんを思うあの悲しげな、まっすぐな、
あの目こそ、愛ってやつだ!



私はあの時の、彼の顔を忘れられない。



そして心に誓う。



ご家庭の事情、けっこう先生に筒抜けだから、
私も気を付けないとな!笑

一日遅れの母の日に、おもいっきりお義母さん自慢をしてみます

昨日は母の日だった。



良い機会だから、お義母さんについて
少し書こうと思う。



結婚する前は、お義母さんとあまり
面識がなかった。



嫁姑問題とかよく聞くし、結婚したら
どうなるんだろうなぁと心配したこともあった。



でも、今私はあの頃の自分に言いたい。



それ、まったく心配しなくていいよ!と。



お義母さんは、3人子育ての大先輩。
小柄なあの体で、35年前に生んだ
2番目の息子は、今では180センチ超えの大男、
そして私の大切な夫だ。



お義母さんは、いつだって、優しい。



会うと必ず、段ボールいっぱいの食料と愛情を
詰め込んで、持たせてくれる。



そして、いつもいつも、言ってくれる。



「○○ちゃん(私)が、1番大変。本当によく
頑張ってるね。何かあれば、いつでも言ってね」と。



専業主婦の私は、普段誰かに評価されることもなく、もちろんお給料が出るわけでもなく、



たまーにだけども、
やりがいや達成感を見失いそうになる。



幸福感と、それは、また別問題なわけで。



幸せなことに間違いないんだけど、
生活のメリハリとか、
褒められることとかに飢えることは、ある。



そんな中で、お義母さんがいつも言ってくれる
その言葉に、救われるんだ。



認めてもらえる喜び。
褒めてもらえる喜び。



それはやっぱり、大人になった今でも、
すごく嬉しいし、パワーになる。



あと、お義母さんのすごい所は、
ただ黙って、見守ってくれるところ。



こちらの生活に、一切口を出さず、
ただ見守り応援してくれる。



心配なことがあっても、
思うところがあったとしても、
決して向こうからは言ってこない。



私から何か言うまで、待っていてくれる。



そして、こちらから何か相談した時には、
親身に、優しく、答えてくれる。



心の距離のとり方が、本当に心地よい。



子育てしていて思うんだけど、
見守るとか、待つとかって、
出来るようで出来ないことだよなぁと。



簡単そうで、難しいことだよなぁと。



ついつい口を出してしまいたくなるのが
人間だと思うが、見守るという愛情の形を、
私はお義母さんから学んでいる気がする。



そこには、信じてもらえているという嬉しさがあるし、それと同時に、責任感も改めて強く持とうと思う。



そして、何か困ったことがあれば、いつだって
味方がいてくれるんだという安心感は、
心強くてあたたかい。



あぁ、私も子供たちに、そう感じて欲しいなぁ。



母の日に改めて思うことは、
今私が夫と結婚して、こうやって幸せに
生活できているのは、
お義母さんが夫を生んでくれたから。



そして、夫をこういう人に育ててくれたから。



もうそれだけで、どんなに感謝しても、
足りないよなぁ。



夫と結婚できたこともだけど、
それと同じくらいに、お義母さんやお義父さんと家族になれて、ラッキーだったと思う、私。



いつか将来、ヤー坊とエー坊が結婚して、
お嫁さんができたとき、



私は、お義母さんみたいなお姑さんになりたい。



コロナが落ち着いたら、また早く、
お義母さんに会いにいこう!



そして、いつもありがとうございますって、
ちゃんと改めて言うんだ!

ママ友欲しさにランチ会へ行ったら、マダムだらけだった話②

tenteko-my.hatenablog.com
何日も試作を重ねた、魂のミートボールを持って、私は持ち寄りランチ会へむかった。



指定されたお家へ行くと、、、



デデーンと構える、ザ・豪邸!!
おったまげ~



小脇に抱えたミートボールが、一気に
貧相に、恥ずかしく感じる。



これ、ビーフストロガノフとか、
カルパッチョとか、
カタカナ並ぶ系のお料理じゃなきゃ
ダメなんじゃないのん、、、?



いやいやいやいや、怯むな私!
合わない感じなら、これっきりにすれば
いいんだから!
とりあえず、経験値は間違いなく上がるぜ、
今日のランチ会は。



いざ、GO!!!



シャレオツ過ぎて玄関がどこなのかも、
すぐには見つけられない程だったが、
私は満を持してインターホンを押した。



奥から出迎えてくれる奥様の、
まぁ上品そうなこと!
それでいて、嫌味な感じもしない。
本物やで、この人!



玄関には、もう他のママ達の靴が
何足かあった。
手入れの行き届いていそうな、味のある革靴みたいなやつとか、ピカピカのパンプスとか。



うん、私のコンバースは、隅の隅の隅に
ひっそりと置くことにしよう。



そして、お礼や、軽い自己紹介を交えながら、
あくまでさりげなく、例のミートボールを出す。



お願いします、誰も注目しないでください、
私もミートボールも、ひっそりとただ居させてください。



「まぁ、ミートボール大好き!ありがとう。」
と受け取ったそこの家の奥様。聞けば旦那様はお医者様とのこと。



やっぱりほんまもんのマダムやーーー!!



私の魂のミートボールの蓋があけられる。



ねぇ、なになに、この恥ずかしさは!
なんなのさ、この穴があったら入りたい感じはさ!



運命の、ミートボール、オープン。



、、、、パセリ!!
おい、パセリさんよ!
蓋の裏側にひっついちゃってるやんかー!!
しっかりしてくれよーーー!!



ママ友からのアドバイス
とりあえずパセリをぱっぱと散らしとけ作戦は、終わった。



でもまぁ、サニーレタス敷く作戦と、
ミニトマトでアクセント作戦は無事成功。
大丈夫大丈夫、他のママ達のと比べても、
とりあえず目立ってイケてないわけじゃない。



あ、少しなんですが、よければこれも、、と、
お菓子とペットボトルの麦茶を差し出そうと思ったその時、



私の隣にいた、今回誘ってくれたママさんが、
ハトムギ茶持ってきたんですー」と、
大きな魔法瓶を、ほんまもんのマダム奥様に渡した。



ハートームーギィー!?



魔法瓶にハトムギ茶とな!!!



完璧やないか!!!あなた完璧よ!!!



ふと自分が出そうとしたペットボトルの麦茶に目をやる。



パッケージにうつってる、笑顔の鶴瓶
その笑顔が、今日は悲しく見えるぜ。




私は心の中で、鶴瓶に言う。
「ごめんよ鶴瓶さん。あなたは何も悪くないんだ。ただ、お願い。今だけは絶対出てこないで!」

f:id:tenteko-my:20210509225911j:plain

そのあと、ママさんたちとご飯を食べながら、色々話す。



習い事の着付けの話とか、
景色に惚れてこの地に移住してカフェやってますとか、、、



あのー、薄々気付いてましたけどー、、、



、、、全員、マダムじゃんかよーー!!!



ハトムギ、あなたもマダムだったか!!



よく見るとさ、やっぱり違うよ。



革靴とコンバースだけじゃなくて。
服も!
私はカジュアルなストライプのシャツワンピース着てきたけど、



マダム達は、、、



リネンがお好きぃぃーーー!!!



やっぱり麻なんだよ麻!
マダムは麻一択よ!



私みたいに、ポリエステルと綿とかじゃないのよ!



ほんで、カジュアルに帽子かぶってきた
私バッキャローー!!!



玄関で即脱いだわもちろんね!



マダムはね、帽子じゃないのよ!



頭じゃなくて、首。首になんか巻くのよ!



ストーーーールーーー!



いやぁぁ、本日は大変勉強になりました。
また、出直してきます。
ごきげんよう




ただ、マダム達との会話は、楽しかった!



みんな考え方が素敵だし、人の良いところを
見つけるのも上手だし、



話してて、私も気持ちが前向きになった。
すごくいい時間だった!



ここにいるマダム達は、
お金だけじゃなく、心にも余裕があるんだなぁ。




心の余裕って、表情にも、人との接し方にも、
会話の内容にも、しっかり出るんだなぁ。



マダム達との持ち寄りランチは、
すごく良い刺激になった。



あー、人生何事も経験だ!
これからも色んな人と、出会いたいなぁ。

ママ友欲しさにランチ会へ行ったら、マダムだらけだった話①

我が家は転勤族だ。




今でこそ、ご近所さんに良くしていただいて、とても居心地が良いが、引っ越して来たばかりの頃は、知っている人が誰もいなくて、心細かった。



前にも書いたことがあるが、私には子育てをする上で、ママ友の存在がすごく大きい。
tenteko-my.hatenablog.com
tenteko-my.hatenablog.com



ここに来たばかりの時も、どうやったらママ友ができるかと悩んでいた。



しばらく経った頃、ランチ会に
誘ってもらった。



千載一遇のチャンス到来。



「キタでキタでーーー!
これでママ友できるかも♡
チーにも、前住んでた時のように
家を行き来できるお友達ができるかも♡」



そう思った私は、「行きたいです!」と即答。



すると、返ってきた答えは、
「良かった!それでは、一人一品、持ち寄り
ランチ形式なので、よろしくお願いしますね。」



、、、、ふぁい!?!?   
いま、なんて!?!?



も!ち!よ!りぃぃぃぃーーー!?!?

f:id:tenteko-my:20210508224335j:plain

ちょいちょいちょいちょい。
待っておくんなさいな。



もちよりって、あの、持ち寄り!?



ちょっとハードル高過ぎやしませんかい?



やったことないよー持ち寄りぃぃ!



前住んでた所のママ友とはさ、
コンビニとかで適当に買ったお菓子をみんなで
つまむ形式だったからさ。



そもそも持ち寄りって何を持ち寄ればいいの?
私、魅せる料理作れないよ?
キラキラ映え料理作れないよ?



美味しいものってだいたい茶色でしょ?
え、え、茶色だらけの持ち寄りランチ?
ohーーnoーーー!!
ワタシ モチヨリ ワカリマセン。



テンパった私は、その足で料理本を買って帰る。はい、真面目なんです。



悩みに悩んで、素敵なミートボールを持ち寄ることにした(やっぱり茶色)



その日から私の試作が連発する。



我が家の食卓は、
今日もミートボール。
明日もミートボール。
あさっても、ミートボールじゃい。



この持ち寄り事件の経緯を、
ママ友にLINEして、
ミートボールのダメ出しをしてもらうことに。



まわりにサニーレタスを敷くんじゃ。
パセリ、ぱっぱと散らしときな。
ミニトマト何個かアクセントにすべし。



出るわ出るわ。貴重なご意見!
やっぱ持つべきものはママ友よ!
サンキューみんな!ラブみんな!



ただの肉団子が
魅せるミートボールへ進化していく。



連日のミートボール地獄に
お付き合いありがとう、マイファミリー。
一生分のミートボールを作った気分さ。



よし。
持ち寄りランチ、かかってこいやぁ!!



もう今の私は持ち寄りランチに
ビビったりはしない。



立派な武器を手に入れたから!(パセリとミニトマト散らした、魅せるミートボール)

f:id:tenteko-my:20210508224435j:plain

さぁ、行こう。
いざ、持ち寄りランチへ!



〈つづく〉